家族がいる人にオススメの保険や保険の選び方について

生命保険にかかる税金はどうなっているの?

生命保険に加入すると、保険の契約者と被保険者、被保険者が亡くなった場合の保険金の受取人といった関係が成立することになります。
生命保険の保険金を受け取る際に、保険料の支払いを負担した契約者と保険金の受取人が別であるとされる契約形態において、生前に財産の受取をした場合には、贈与税がかけられることになります。

 

これまで払っていた保険料について、契約期間の満期によって、保険金をもらった場合、支払った保険料よりも保険金が多くなりますので、保険金の受取りにより、所得を得ることになります。このような場合は、所得税の一時所得とみなされ。課税されることになります。

 

保険の契約者と被保険者が同じ人で、保険料を本人が支払っていた場合に、死亡保険金を受け取った場合、相続によって相続税が課税されることになります。

 

生命保険の死亡保険金の受取について、さまざまな税金がかかることは、十分理解しておく必要があります。
もうひとつ、税金に関する内容について、ご紹介したいと思います。というと、「これ維持用、まだ税金がかかるの?」と思われてしまいそうですが、実は良い話もあります。

 

月々に支払う保険料について、毎年年末になると、生命保険について1年間に支払った金額の明細が記されたはがきがお手元に届けられます。これをもとに、生命保険料についての控除が受けられます。サラリーマンは、年末調整で報告しますが、個人事業主は確定申告にて申告を行います。


サスペンスドラマ