家族がいる人にオススメの保険や保険の選び方について

子供(学資)保険は、貯蓄性のあるのを選べば大丈夫?

子供がいる家庭では、学資保険の加入を検討している世帯も多いようです。学資保険は、子供の教育資金を貯める目的で加入する保険で、子供の年齢が0歳から、または保険会社によっては、子供が生まれる前から加入することも可能です。

 

学資保険は、子供保険とも呼ばれており、貯蓄性が高いタイプの保険と、子供の医療保障に特化したタイプの保険の2種類のタイプに分けられています。
学資保険に限らず、生命保険や医療保険についても同様のことが言えますが、貯蓄性が高い保険は理想的ですが、その半面、月々の保険料が高くつくことになります。

 

保険料の支払いに余裕があれば、貯蓄性の高い学資保険を選んでも良いでしょう。
ただし、貯蓄性の高い学資保険を選択すればそれて安心ということではなく、学資保険の保障内容など、その中身が重要です。

 

貯蓄性が高い学資保険の加入が適している人もいれば、そうではない場合もあります。貯蓄性が高い学資保険の加入に適している人とは、ほぼ確実に大学や専門学校まで進学する人であり、学費がとくに多く出費される可能性が高い人です。まずは、大学や専門学校に進学するためにどの程度の費用がかかるか、把握しておきましょう。

 

貯蓄性の高い学資保険は、貯蓄性には優れている半面、保障内容が薄いものもありますので、貯蓄性だけを重視するのではなく、保障内容にもしっかりと目を向けていくべきです。
学資保険の主契約の内容はもちろん、必要とされる特約があれば付加して保障を手厚くするなど、十分に検討する余地があります。


サスペンスドラマ