家族がいる人にオススメの保険や保険の選び方について

もう保険に入っているから見直す必要はない?

保険に加入するとそれだけで安心してしまい、加入してから数年、数十年経過しても1度も見直しをしたことがないという方は、意外に多いようですね。もしかしたら、「もう保険に入っているから、わざわざ保険について見直しをする必要がない」と安易に決めつけていませんか?

 

しかし、保険の見直しをしないままでいると、保障内容について忘れてしまうこともあります。このような傾向は、とくに親戚や知人の紹介が保険に加入した人に多く見られます。
保険商品は生ものであり、時代の変化にともない、保険の価値観も大きく変化しています。とくに、医療保険は、ここ数年間でめまぐるしく新しい保険商品が、次々に販売されています。その理由は、医療の技術の進歩により、先進医療が充実してきたことや、医療体制が大きく変化して、入院の期限が従来よりも厳しくなってきたことにあるものと考えられます。

 

これまでの医療保険は、入院してから数日間は保障対象にならないものが主流でしたが、入院期限の問題やがんなどの病気にかかっていても、通院治療を受ける人が増えてきたことから、入院したあとの通院保障が充実したタイプや、入院1日目から保障されるタイプの医療保険が販売されるようになりました。

 

従来の医療保険とはまったく価値観が違い、医療保険は常に新しく変化していることを考えると、定期的に見直しをすることは必要ですね。生命保険の場合は、医療保険ほど頻繁に見直す必要はなくても、5〜10年に1度は主契約や特約について、見直しをしていく必要があります。

 

親戚や知人の紹介で保険に加入した人は、見直しや他の保険会社への乗り換えはお付き合いの関係もあり、難しいかもしれませんね。そのような方には、中立の立場でお客様の立場に立って保険のプランニングをしてくれるファイナンシャルプランナーに、保険の見直しについて相談するという方法もあります。
ファイナンシャルプランナーは、ある特定の保険会社の保険商品のみを取り扱う営業社員とは違い、数十社もの保険会社の保険商品を取り扱っています。保険商品を勧めて加入件数を増やすといったノルマがなく、ひとりひとりのお客様のニーズに合う保険について、適切なアドバイスをしてくれます。
保険について見直しをすることで、ムダな保障や保険料を省いて、必要とされる保障を付けるなど、これまでの保険の欠点を見直しによってカバーすることができます。

 

ファンナンシャルプランナーは、ほけんの110番や保険見直し本舗など、保険の無料相談窓口にいますので、お気軽に足を運んで相談すると良いでしょう。すでに保険に加入していてこれから見直しをする方も、これから保険に加入を検討している方も、保険会社を乗り換えたい方も、保険に関する相談ならなんでもOKです。

 

保険に加入していて見直し、または保険会社の乗り換えを検討している方は、保険証書をお持ちになり、無料相談窓口のファイナンシャルプランナーに提示すると良いでしょう。現在ご加入中の保険内容について、詳しく掲載されていますので、見直しのポイントや他社で同じ保障で保険料が安い保険商品を提案してくれるなど、適切なアドバイスをしてくれます。もちろん、加入や保険会社の乗り換えはお客様次第なので、無理な勧誘は一切ありません。

 

ファイナンシャルプランナーには、自宅に訪問するタイプもあります。お近くに保険の無料相談窓口がない場合などに利用すると良いでしょう。

生命保険はやっぱり難しい?

生命保険は難しくてどれを選んだら良いかわからず、加入前に悩む人も多いですが、加入してから見直しや保険会社の乗り換えなどで悩む人もいます。生命保険で死亡保険金を受け取った後の税金も複雑で場合によっては、贈与税や所得税、所得税などが課税されますので、税金に対する知識を持つことも必要になってきます。

 

生命保険に加入することで、サラリーマンは年末調整で、個人事業主は保険料の支払いや死亡保険金を受け取った場合に、確定申告を行う必要があります。
生命保険はやっぱり難しいというのは、生命保険の保障内容を把握するだけでなく、税金の問題が絡んでくることもあるのでしょう。

 

近年、外資系の保険会社やネット専業の保険会社の生命保険に加入する人が増えて、人気が出てきた理由は、保険商品がシンプルでわかりやすく、保険料のムダを省いているということが上げられます。

 

国内損保は老舗の保険会社が根強い傾向にはあるものの、40代ぐらいまでの若い世代の人には、外資系保険会社やネット専業の生命保険会社に新規加入する人が増えてきていますね。時代の変化にともない、ライフスタイルが大きく変わり、生命保険のあり方についても見直すべきときなのかもしれません。

 

生命保険のニーズは高いものの、従来の生命保険とはまた違った新しいタイプの保険が求められるようになり、保険会社は時代の変化やライフスタイルの変化を察知して、ニースに合う生命保険が提供されています。


サスペンスドラマ