保険の無駄のない選び方【家族がいる方のための保険選び】

医療保険で保障される内容は?

医療保険で保障される内容は、大きく分けると2つの種類があります。おもな保障は入院保障で、入院1日につきいくらといった計算で、保障されます。
入院すると、薬や手術などの治療費だけではなく、ベッド代や食事代もかかります。入院保障は、できるだけ高い金額に設定しておくことをおすすめします。

 

もうひとつには、手術を受けるときの手術給付金があります。けがや病気をして、手術が必要となった場合に保障されるもので、医療保険の契約時に定められた金額を限度に保障されるのが一般的です。

 

医療保険では、この2つがおもな保障となりますが、この他にがんと診断された場合に、診断給付金が受けられるタイプのものもあります。診断給付金については、何度でも受けられるタイプのものもありますが、保険会社によっては、その回数について条件が定められている場合もあります。

 

もうひとつには、病気やけがで入院したことにより、仕事ができなくなった場合に、喪失した所得について給付金として受取ができるといった保障が医療保険で賄われる場合もあります。このような保障は、厳密に言えば、損害保険の分野となりますが、入用保険の特約として付加することで、万が一、入院期間中に仕事ができずに、無収入になった期間について保障されることができますので、付けておくと安心です。

 

介護に関する保障は、特約として付加されるのが一般的で、保険会社の規定による要介護状態と判断された場合に、給付金の受取ができます。要介護状態になった場合に、以降の保険料の支払いが免除されるといった特約が用意されている医療保険もあります。


サスペンスドラマ