保険の無駄のない選び方【家族がいる方のための保険選び】

医療保険のがん保障の特約

医療保険の特約のひとつに、がんに関する保障がありますが、がん入院特約、がん保障特約、がん特約といった名称で呼ばれており、保険会社によっては同じ名称であっても、条件や特約の内容が異なる場合があります。

 

一般の医療保険にがん特約を付けるのが良いのか、単独のがん保険に別に加入したほうが良いのか、がんにかかったときの保障を手厚くするなら、選択肢は2通りあると思います。
一昔前は、がんという病気は不治の病と言われており、がんにかかったら完治するのが難しいと言われていましたが、近年は医療の進歩にともない、がんは早期発見・早期治療で治る病気だと言われるようになりました。

 

また、先進医療が発達してきたこともあり、従来のがん治療では放射線や抗がん剤といった治療法が一般的でしたが、先進医療により、ガンを集中的に効率良く治療することが可能になりました。

 

しかし、先進医療においては、健康保険の適用対象外とされるケースが多いことから、医療費の負担が高くなり、経済的にもかなりのダメージを受けることになります。
単独のがん保険に加入することで、先進医療に関する保障が受けられるものもありますので、ぜひ加入を検討しておくと良いでしょう。

 

日本人のがん人口が急速に増えてきており、今後は3人に1人がかかる病気になるとも言われています。元気で働いている人でも、人間ドッグを受診して異常がみられ、精密検査を受けたら、がんと診断されるケースも少なくありません。

 

医療保険の中には、がんに対する保障があらかじめ組み込まれたものもありますが、先進医療に特化したがん保障を充実させたいのであれば、単独でのがん保険に加入することをおすすめします。


サスペンスドラマ