保険の無駄のない選び方【家族がいる方のための保険選び】

医療保険の特約はどうなっているの?

生命保険や自動車保険に特約が付加できるように、医療保険にも必要に応じて特約を付加することができます。どの保険においても同じことが言えますが、基本的に保険商品は主契約と特約で構成されており、主契約のみの契約はできますが、特約のみで契約することはできません。

 

特約は、主契約あっての契約であり、基本的に主契約は1つの種類ですが、特約には複数もの種類があり、どれを選んだら良いか迷うこともあるでしょう。もちろん、必要でないと思えば、特約を無理に付ける必要はありません。

 

特約の保障内容については、保険会社ごとに特色が異なる部分もあり、同じ名称の特約があっても、保険会社ごとに特色の違いや保障の適用条件などの違いが出ていることもあります。保険会社によっては、家族の中で、夫だけが医療保険に加入している場合に、妻や子供などの家族の医療保障が受けられる特約があります。

 

ただし、本来、特約とは特別に契約することであり、特約を付加するにあたり、年齢条件やどこまでが家族なのか、その範囲が定められていますので、場合によっては家族であっても、特約を付加できない場合もあります。

 

医療保険の特約の種類について、まずは知っておくことが大切で、主契約だけでは保障内容が不安なので、もう少し手厚い保障を受けたいのであれば、条件に見合う特約を付加することで、安心感を得ることができます。特約を付加することによって、保障が手厚くなる分、保険料も高くつきます。


サスペンスドラマ