保険の無駄のない選び方【家族がいる方のための保険選び】

医療保険の支払い方法は?

医療保険の加入申し込みの手続きが完了したら、月々の保険料をお支払いすることになります。終身型の医療保険は、基本的には一生涯保障が継続するわけですから、保険料のお支払いも一生涯となります。

 

有期払いの場合、保険会社によって定められた年齢までの間、保険料をすべて払い終えることになります。
そう考えると、医療保険に加入する年齢が高くなってから有期払いという方法を選択した場合、月々に支払う保険料について、短期間で支払う必要が出てくるため、月々の保険料が高くつくことになります。

 

月々の保険料の支払い額を少なくして負担を軽くしたいのであれば、終身払いを選んだほうが良いでしょう。高齢になってからも、経済的にゆとりがある人なら、有期払いでももちろんかまいません。

 

有期払いを選択した場合に、ほとんどの保険会社で60歳までの支払いとされているようです。つまり、医療保険に加入した年齢から、60歳までの期間で保険料について、逆算して割り振りをするといった形でのお支払いになります。

 

また、保険料の支払いについて、月払い・半年払い・年払いなどがあります。半年払いや年払いにすると、保険料がやや割安になります。
とにもかくにも、保険料が割高になっても割安になっても、受けられる保障内容はまったく同じなわけですから、それなら少しでも工夫して保険料を割安にするこができれば、そのほうが望ましいですよね。
保険料の支払い方法によって、保険料を割安にすることもできるということについて、理解しておくと良いでしょう。


サスペンスドラマ