保険の無駄のない選び方【家族がいる方のための保険選び】

生命保険の医療特約と医療保険

医療保険の加入を検討する前に、生命保険に医療特約を付けるのが良いか、それとも単独で医療保険に加入するのが良いか、迷う人も多いようですね。なんだかよくわからなけど保険料をトータルで比較してみると、生命保険に医療特約を付けておけば、わざわざ単独で医療保険に加入する必要はないだろうと考えている人は多いようです。

 

しかし、よく考えてみて下さいね。生命保険の医療特約はあくまでも特約のひとつにすぎず、単独での医療保険は医療に関する保障が主契約となっているので、特約と主契約では全然比較にならないほど、主契約のほうが保障が万全であるということに気づくべきでしょう。

 

本来、生命保険は、加入者、つまり被保険者が亡くなってから残された家族が死亡保障を受けることを中心に作られた保険であり、医療保険は、被保険者が生存中にけがや病気をした場合に、保障される保険ですから、もともとの意味合いがまったく違います。

 

単独で医療保険に加入すれば、保険料が高くなると思うかもしれませんが、近年は掛け捨てタイプで保険料が安くて保障が手厚い医療保険も販売されるようになりました。

 

病気にかかったときに、医療保障がしっかり受けられる医療保険に加入しておくことは、病気やけがをしたときに、治療費をまかなえるので経済面での安心感が得られるとともに、精神的なダメージを最小限に抑えることもできます。

 

病気をして入院が長引いたりすると、病状の回復も心配ですが、医療費の負担が気になります。病は気からという言葉があるように、経済的な不安から精神的に不安になり、病気の回復を遅らせてしまうこともありますので、医療保険に加入するニーズは極めて高いものと考えられます。


サスペンスドラマ