家族がいる人にオススメの保険や保険の選び方について

妊娠・出産は医療保険で保障されるの?

女性にとって、妊娠・出産は子供を産むのは自然のことであり、病気ではありません。妊娠の状況によっては、体に負担がかかり、ともすれば大きな危険を及ぼす可能性も考えられます。

 

基本的には、自然分娩での出産の場合は、とくに医療保険の保障の対象とはなりません。医療保険が適用されるのは、異常分娩のみとされており、切迫流産や帝王切開といったケースに限定されています。また、妊娠中毒症も、医療保険の保障対象となる場合があります。

 

しかし、ここで妊娠・出産と医療保険との関係について注意点があります。
ほとんどの保険会社で妊娠してから、医療保険に加入する場合、妊娠中にある一定期間を過ぎてから加入することができないと判断される場合があります。

 

本来、保険とは、もしものときのために備える保険ですから、妊娠して赤ちゃんが生まれるとわかってから、加入する場合に、もし、異常分娩や妊娠中毒症、帝王切開となるリスクが高くなるということになりますので、あらかじめリスクを予測できる場合において、医療保険に加入することには、保険会社のほうで制限される場合があります。

 

これまで医療保険に加入していなかった人が、妊娠してから医療保険に加入する場合、妊娠に気付いた時期に早めに加入するべきであり、多くの保険会社で妊娠28週目以降の加入は、妊娠中毒症などのリスクの可能性が高くなるため、制限されているようです。
妊娠してから医療保険に加入するタイミングは、重要ポイントになりますよね。


サスペンスドラマ