家族がいる人にオススメの保険や保険の選び方について

生命保険と配当金について

生命保険には、主契約や特約に関する保障とは関係なく、加入することによって、配当金が受け取れるタイプのものがあります。配当金と言えば、すぐに株式投資をイメージする人も多いようですが、生命保険の配当金について、意外に知らない人が多いようです。

 

配当について大きく2種類に分けると、配当金が出るタイプの生命保険と、配当が出ない無配当保険と呼ばれるものがあります。
それでは、配当金が出るタイプの生命保険に加入しておけば、配当金が出るから安心と思うかもしれませんが、無配当保険以外のタイプの生命保険に加入していても、配当金が必ずしも受け取れるとは限りません。

 

そもそも、生命保険の配当金とは、どのようにして算出されているのでしょうか。
生命保険の保険料は、予定利率や予定事業費利率、予定死亡率などに基づいて算出されています。3種類の「予定」という言葉が出てきましたが、生命保険に加入している人が、死亡する予定と言ってもさっぱり予測がつきませんよね。

 

これらの要素が絡み合いながら、予定と実際との間に格差が生じて、剰余金が生じた場合に、保険の契約者に還元するという意味で、配当されるお金が配当金ということになります。

 

本来、相互扶助のもとに保険商品が成り立っているわけですから、加入者に配当金を出すことは、当然と言えば当然のことなのかもしれません。しかし、保険会社の経営が悪化した場合、または保険金の支払い額がかなり集中した場合など、配当金が出るタイプの生命保険に加入していても、配当金の受取が出ない場合もあります。


サスペンスドラマ