家族がいる人にオススメの保険や保険の選び方について

外資系の生命保険について

今さら国内の保険会社の生命保険と、外資系の生命保険を比較するのはどうかとも思いますが、生命保険に加入を検討していて、保険の比較サイトやランキングサイトを見ると、外資系の生命保険に人気が高いことがわかりますね。

 

そもそも、国内生保と外資系の生命保険は、なにがどのように違うのでしょうか。
国内生保も、外資系の生命保険も、主契約と特約といった構成で保険商品が成り立っていることにかわりはありませんが、国内生保の生命保険は、パッケージ化された生命保険といった印象が強く、それに比べると外資系の生命保険は、セットではなく、単品での販売が中心で、自分や家族にとって、本当に必要とされる保障だけを選びぬくといった印象が強いようです。

 

外資系の保険会社は、外国の保険会社が日本に参入しているわけですから、保険商品の価値観についても日本とは違いがあります。ムダをなくして合理的な思考で、保険商品にもそのような価値観が見受けられます。

 

国内生保と外資系の生命保険商品の違いは、保険料にも格差が生じており、これまで外資系保険会社と言えば、自動車保険や医療保険、がん保険が強いと言われていましたが、生命保険も外資系の保険会社を選ぶ人が増えてきていますね。

 

保険料を少しでも安くして、手厚い保障を受けたい、保険のオバチャンとは関わりたくない、本当に必要な保障だけを選んで加入したい、外資系保険会社は、そのような方に向いていると思います。


サスペンスドラマ