家族がいる人にオススメの保険や保険の選び方について

生命保険の保障の種類は?

生命保険について、保障内容のタイプ別にご紹介しましょう。生命保険の保障でもっとも重要なのは、死亡保険ですよね。被保険者が死亡した場合、もしくは保険会社が定める硬度障害の状態になった場合に、契約した保険金について支払われるというのが、死亡保険で、一般的には死亡保障と呼ばれています。
近年は、終身保険と定期保険の2つの機能を合わせ持つタイプの定期保険特約付終身保険を選ぶ人も増えていますね。

 

生命保険の死亡保障の他には、被保険者が生存している間に保険金の受取ができる保障として、生存保険と呼ばれるタイプのものがあります。そして、死亡保険と生存保険の両方の要素を兼ね揃えたタイプの生死混合型の生命保険があります。
実は、養老保険は、このタイプに相当する保険で、保険料は高いですが、その分、貯蓄性が期待できて、老後の生活を安定させてゆとりを持たせたい方、保険料の支払いに十分余裕がある人に向いていますね。

 

養老保険と定期保険が合わさったタイプの定期保険特約付養老保険も人気が高く、死亡保障と老後の生活資金に関する保障が充実しています。生命保険は、早い人では20代で加入しますので、加入したときに将来これぐらいの保障が必要だと思っていても、40代になってからは、思ったほど必要ではなさそうと、考えが変わることもあります。

 

これは、コロコロ気が変わるということではなく、これから将来の見通しを立てて、老後がより現実に近づいているから、若い頃とはライフスタイルや保険の価値観も変わってくるということです。ですから、生命保険は、5〜10年に1度は必ず見直しをすることが必要になってきます。


サスペンスドラマ