家族がいる人にオススメの保険や保険の選び方について

夫の死亡保障は3000万円くらいで大丈夫?

生命保険に加入を検討する際に、まず主契約として死亡保障をいくらに設定するか、決める必要があります。生命保険に限らず、保険は主契約と特約で成り立っていますので、特約を付加する・しないについては、自由に選択できますが、主契約なしで保険に加入することはできないので、死亡保障について慎重に選択する必要があります。

 

夫が生命保険に加入する場合に、死亡保障は3,000万円ぐらいがちょうど良いと言われていますが、各家庭の家族構成や夫の収入、ライフプランなど、さまざまな条件によって違いが出てきます。

 

一般的には、夫の年齢が30代で子供が10歳未満である場合、平均的には3,000万円の主契約であるということで、これまでの統計データによるものであり、家計に余裕がある人は、もちろん3,000万円以上の金額に設定してもかまいません。

 

生命保険は、加入時に設定しておいた死亡保障の金額により、夫が死亡した場合に保険金の受取ができます。死亡するのは何年後になるかは、まったく見当もつきませんが、保険料を支払い、夫が生きている間は、何度でも保険の見直しができますので、当初設定した保障額がもし、少ないと思うようであれば、増額することもできますし、反対に多いと思われる場合は、減額することも可能です。

 

生命保険に加入するときは、まだ若い年代のうちに加入すると思いますので、将来についてただ漠然とした感じであまりピンとこないかもしれません。生命保険は、何度か見直していくうちに、ライフプランにピッタリ合う保険商品を作ることができますので、慎重に検討して、加入した後も見直しを行い、主契約の金額を見直してみると良いでしょう。

子供がいるけど夫の死亡保障がなくても大丈夫?

生命保険に加入する場合、主契約の死亡保障についてどの程度の金額にするか、迷うこともありますが、各家庭の家族構成によっても、選び方が変わってくると思います。20代で夫婦のみの世帯だと、まだ収入が安定していないことや、保険に対する関心の薄さから、生命保険に加入していない世帯も多いようです。しかし、子供が1人以上いれば、生命保険に対する関心が高まり、知人の紹介で加入する人もいます。

 

子供がいて、生命保険に加入する場合、死亡保障をいくら付けるかということが、保険料にも反映されてきますので、ここは生命保険の肝の部分になります。生命保険に加入する以上、死亡保障なしでは加入できないので、主契約は慎重に選び、金額を選択する必要があります。

 

つまり、夫の死亡保障なしでは生命保険に加入する意味はないということになります。夫が生命保険に加入しないで、妻の死亡保障を付けて妻の名義で加入するといったケースは、一般的にはまだ少ないようです。一家の働き手である夫の死亡保障は、夫婦と子供1人の世帯では、2,000万円〜3,000万円に設定するのが一般的です。

 

生命保険によっては、特約として医療保障が付加できるタイプのものもありますが、まずは主契約の死亡保障を充実させることを優先に考えておくと良いでしょう。20〜30代の若い世代の頃から、あれこれ特約を付加するよりは、主契約を充実させておくほうが、保険料をムダなく抑えられます。

専業主婦は保険に入らなくても大丈夫?

一般的に生命保険は、夫が加入する世帯が多いですが、妻が生命保険に加入するケースももちろんあります。「専業主婦は保険に加入しなくても大丈夫なの?」といった不安の声をよく耳にしますが、仕事をしているか、仕事をしていないかといった基準とは関係なく、万が一、妻が死亡した場合に、残された夫や子供たちが保障を受けられるように準備をしておくことも大切なことなので、保険に加入しておいたほうが良いでしょう。

 

ただし、夫がすでに生命保険に加入している場合、妻の生命保険はそれほど高い保障額に設定する必要はないと言って良いでしょう。たとえば、夫が加入している生命保険の保障額が3,000万円である場合、妻の死亡保障額は、1,000万円〜2,000万円に抑えるといった感じで良いと思います。

 

もうひとつ、妻が加入する保険について付け加えたいことがあります。生命保険や医療保険と言えば、国内損保や外資系の保険会社の生命保険に加入するものと思う人が多いですが、これとは別に共済と呼ばれるものがあります。共済は、保険という言葉を共済という言葉に置き換えているだけで、生協の共済や全労連など、民間の保険会社ではない団体が取り扱う保険について、保険という言葉を使わない代わりに共済という言葉が使われています。共済に加入するには、組合員になることが必須で、月々の保険料は保険会社の保険よりも安くて、保険の仕組みがシンプルでわかりやすいものです。

 

専業主婦やパートで働いている主婦は、保険料が安く抑えられた共済の生命保険や医療保険への加入について、検討しておくことも良い選択肢であると言えるでしょう。


サスペンスドラマ